日々奮闘中!教育現場情報

かしこい子に育てるために

学習塾について

Written By: F95AudxN

学習塾について、説明します。まず、学習塾とは、学力の補強や学習の補助などを有償で行ってくれる施設を指します。そして、学習塾には、一般的に、4つの種類があります。
1つ目は、集団授業の学習塾です。1クラスの生徒数が大体10人以上の塾です。通常、学力の高いクラスは社員の講師、一般クラスはアルバイト講師が、それぞれ担当します。
2つ目は、自習形式の学習塾です。クラスはなく、学年の異なる小中学生を広い部屋に集めて、色々な科目を自習形式で学習します。問題用紙と解説が書かれた用紙をもらって自習する、と言うスタイルが多いようです。
3つ目は、少人数制授業の学習塾です。1クラスの生徒数が大体5~10名の塾です。個人経営の学習塾に多いタイプで、少人数の特長を活かして、個人指導もある程度行ってくれます。
4つ目は、個別指導の学習塾です。講師1人が大体1~4名の生徒を教えます。授業料は高めです。

次に、学習塾を選んでから入塾するまでの望ましい手順について、紹介します。まず、最初に、情報収集を行う必要があります。学習塾の情報には、ダイレクトメール、入塾案内冊子、チラシの他、クラスメートからの情報、地域の口コミ、などがあります。これらの情報をベースにして、学習塾を選ぶとともに、その選んだ塾の概要を掴んでおきましょう。次に、選んだ学習塾へ行ってみることが必要です。学習塾へ実際に行き、塾側から詳しい説明を受け、さらに、授業を見たり、講師に会ってみることです。その次に、体験授業を受けてみる必要があります。体験授業は、ぜひ受けてみるべきです。なお、体験授業の料金は、学習塾により、様々です。1回分が無料の場合、複数回でも低料金の場合、などがあります。また、体験授業は、複数回受けることを推奨します。最後は、入塾手続きです。体験授業を受けた結果、自分に適した塾であると確信したなら、入塾手続きをしましょう。